環境事業

トスのグリーンエコノミー事業の沿革

1998年 新しい建設組織の構築ならびに社会資本整備事業のシンクタンクの設立を目的に株式会社トスを設立
2002年 ISO14001及びエコアクション21の認証取得指導を開始(2016年時点の累計指導実績は200社以上)
2008年 九州地区を対象に建設業エコ戦略研究会を発足。中小企業の省エネ及びCO2削減対策の研究を強化。商業ビル・大学などの省エネ診断、エンジニアリングリポート業務を開始
2011年 東京エコ戦略研究会を発足~東京(港区愛宕)に環境開発事業開発室を設置。福島原発事故に伴い省エネ対策、自然エネルギー施設の開発相談が急増。グループ会社三共建設を中心に太陽発電所の建設請負業務を開始(南九州限定)
2013年
  • エコ研究会を社団法人化(日本みらい環境整備機構。本部港区芝)し、理事長にトス会長大楽が就任。
  • グループ会社㈱スマートエンジニアリングにて業務用太陽光の遠隔監視システムを開発(累計約100サイト)
  • 大手信託銀行・東証二部企業の太陽光設備建設のCM(コンストラクションマネジメント)業務を受託
2014年 グループ会社三共建設が東京本店設立
2015年
  • グループ会社トスネットが太陽光発電所のO&M専門会社として全国初のISO9001及び14001(太陽光発電システムの保守、メンテナンス業務)を取得
  • 太陽光発電検査協会、日本バイオマスエネルギー協会、電線のない街づくりネットワークに加入
  • 東証一部企業ほか大手3社とCM契約又は建設請負基本契約を締結
  • 太陽光のCM業務ならびに建設請負がグループ累計65MWを超え、北海道・東北・関東など太陽光関連の業務エリアを全国に拡大
2016年
  • 自社所有の太陽光発電所(668kw)が連携を開始。別途5MWの発電所新設を開始。
  • (一社)日本環境みらい整備機構にてパネルリサイクル事業及び蓄電池事業の研究を開始
  • 健全なセカンダリーマーケットの構築を目的に、FGIキャピタルパートナーズと提携し、太陽光発電所鑑定買取りセンターを開設
  • ナンワエナジー(鹿児島)と提携し、自治体PPSの設立・運営支援を含めた新電力事業に参入
  • クライアントが改訂FIT法に準じ、継続的な施設運営管理ができるようO&Mの国内組織化に着手

私達にできること!

HEMS(家庭)、BEMS(ビル)、FEMS(工場)

私達は家庭、ビル、工場など、個々の施設で使われているエネルギーを最適化するための商品やシステムを開発・発掘し、提供しています。

HEMSなら家電製品を。BEMSやFEMSなら各設備機器をネットワークでつなぎ、見える化や最適な運転状態にするための自動制御を行います。最近では蓄電池となる電気自動車も重要なグリッド機能の一つになりつつあります。

再生可能エネルギーの利用

太陽光・小水力・風力・地熱・バイオマス。私達の周りには環境に優しい再生可能エネルギーがたくさんあります。

そして、日本の自然エネルギーによる発電・発熱技術は原子発電所の停止に伴ってより一層の進歩を遂げようとしています。

私達トスではそれぞれの地域の風土や産業・資源に合ったエネルギーのあり方を徹底的に調査・分析することで、地域に役立つ自然エネルギー政策を提唱しています。

CEMS(地域全体)

供給側で需要側の制御を行うデマンドレスポンスによる需給調整がCEMSで、ビルや家庭に設置されたエネルギーマネジメントシステムの情報を収集し、地域全体で調整を行います。

例えば、地域内の複数のビルをグループで管理し、電気や熱などのエネルギー融通、協調制御の仕組みを開発します。リアルタイムで負荷把握と需要側に無理のないデマンドコントロールを行い、「賢い省エネ」を実現します。

私達の実績:こんな場所やこんな場面で活躍しています!

jananmap